にぎわいブライダルエステ

人気記事ランキング

ホーム > 美容食 > 美容を意識するなら食べ物から

美容を意識するなら食べ物から

美容を意識した生活というと、スキンケアなど外側からのケアに偏りがち。

若いころは外側から塗るケアだけで大きな変化が現れることもありますが、20代後半からはそれだけでは効果があまり得られません。

 

加齢とともに体内の基礎代謝が低下してしまうからです。

 

20代後半の美容ケアは、体の内側からが基本です。シミやソバカスが出来るのを防ぐためのビタミンCは特に意識したい栄養素の一つ。加熱に弱く、水に溶けやすいという性質があるので、生のフルーツから摂取するか、サプリメントからの摂取がおすすめです。

 

その他には、肌の免疫力をUPさせるビタミンB類。ダイエット中だからと言ってたんぱく質を避けるのは美容にはマイナス。食べすぎもよくありませんが、少量を毎日少しずつ摂取するのは大切なことです。

 

口から入ったもので、外側の綺麗は作られます。何を食べて、どうなるのか。自分の体やお肌の声に耳を傾けて、体の内側からの美容を意識してみてくださいね。

関連:女優も使っている美容グッズとは